官网首页 > 新闻中心 > 日/澳门线上 > 听小故事学习信誉

听小故事学习信誉

作者:ISA老师来源:澳门小编时间:

摘要:同学们学习压力大的话,试试小编的学习方法吧!边听故事边学习。


今天小编给大家分享一个小故事,在故事里希望可以帮助大家学习信誉。
 

信誉

 

むかしむかし、とうふとおみそは、けんかばかりしていました。

很久很久以前,豆腐和酱尽吵架。
 
ある時、とうふがおみそに言いました。「あなたはいつも黒い色をしていて、しかもベタベタで変な匂い。おかげでわたしの白い体まで汚れて、臭くなるではありませんか」
有一次,豆腐这样对酱说道:“你总是黑漆漆的,而且还黏糊糊得散发着一股奇怪的味道。我洁白的身体也被你弄脏弄臭了不是吗?”
 
すると、おみそが怒って言い返しました。「何だと!おれのどこが臭いものか。それに人間はこの匂いが好きで、毎日みそ汁にして飲むじゃないか!だいたい、お前はいくら色が白くても、全然味がないじゃないか!」
酱听了之后愤愤而言:“说什么呢!我哪里臭了。而且人类还很喜欢这个味道,每天做成味增汤来喝呢!倒是你,就算再白,也是一点味道都没有!”
 
「味がないですって!とんでもない。わたしは一緒に煮る物によって、いくらでもおいしい味になれるのですよ。それに比べて、あなたいつだって臭いし、おまけに辛いじゃありませんか」
“什么没有味道!有什么大不了。依靠和我一起煮的东西,照样美味无比。与此相比,你总是臭烘烘的,还很咸。”
 
「何だと。人に臭いや辛いや偉そうな事を言っても、お前は包丁(ほうちょう)で切られたり、おはしで崩されたら、バラバラになってお終いじゃないか」
“什么。装着一副很伟大的样子说别人臭啊咸啊,自己还不是被刀切,切得粉身碎骨的。”
 
「ふん!わたしは体が崩れたって、おみそみたいに溶けたりはしませんからね。どんなに小さくなっても、とうふはとうふですよ」
“哼!说我什么粉身碎骨,但也不至于像酱那样溶解掉啊。不管变得多小,豆腐还是豆腐啊!”
 
「もう、かんべん出来ない!」おみそはくやしくなって、とうふに飛びかかろうとしました。
“无法原谅!”酱很不甘心,想飞到豆腐身上去。
 
するとその時、「ちょっと、待った!」と、二人の間にコンニャクが飛び込んで来ました。
这时,“等一下!”魔芋飞进了两者之间。
 
「こらこら、二人とも、つまらん事でけんかをするんじゃない。このわしを見てみろ。色は黒いし、体は切られるし、おまけに味もない。それでもジッと我慢しているんだぞ」
“好了好了,你们两个总是为一点无聊的事情吵架。你们看看我,颜色是黑的,还要被切,还没有味道,可即便如此,不还是忍着嘛。”
 
「……なるほど」
“……的确如此”
 
「……確かにに、その通りね」
“……是啊,真的是这样耶”
 
とうふとおみそは、つくづくとこんにゃくの体を見ました。
豆腐和酱仔细得看了看魔芋。
 
「それに良く考えてみろ。お前たちは元々、大豆(だいず)から出来ていて、いわば親戚(しんせき)同士じゃないか。親戚同士でけんかをするなんて、とんでもない。わしなんか、誰も親戚がいなくていつも一人ぼっちだ」
“而且你们仔细想想,你们都是用大豆做出来的,不就是亲戚嘛。亲戚总是吵架可不得了。我连什么亲戚都没有。”
 
するとおみそが、とうふに言いました。「そうだ。こんにゃくの言う通りだ。おれたちは親戚同士、仲良くしなくちゃいかん」
酱听了之后对豆腐说道:“是啊。正如魔芋所说,我们是亲戚,应该团结友爱啊。”
 
とうふも、言いました。「本当にね。変な事を言ってごめんなさいね。これからはコンニャクさんも一緒に、みんな仲良くしましょう」
豆腐也说道:“是啊。说了不好听的话不好意思哦。今后,包括魔芋,大家都要一起好好的。”
 
そこで、とうふとおみそとコンニャクは一緒になって、おみそ汁という、おいしい料理になったという事です。
于是,豆腐和酱和魔芋一起,做成了好喝的味噌汤。

 

跟着故事学信誉应该会轻松一些吧!轻松学习信誉,提高学习效率。

 

猜你喜欢more

信誉N1考前冲刺班

100课时 查看详情

澳门线上TOPIK考前冲刺班

100课时 查看详情

澳门线上TOPIK二级班

100课时 查看详情

关键词

获取验证码

立即免费体验
稍后有专业老师给您回电,请保持电话畅通
  • 全真测评

    入学测评 阶段测评

  • 科学体系

    智能词汇 专项题库

  • 学习督导

    全程监督 引导学习

  • 品牌保障

    教师护航 学习无忧

地址:杭州市下城区体育场路288-290号建银中心b座13楼